身体とボールの連動を促す2ボールトレーニング

04.202018

この記事は1分で読めます

T’s Factoryのコーチの廣畑です。
   
定期的に開催されている中野スクールの
T’s Factory火曜クラス!
     
小・中学生24人参加してくれました。

特に最近は小学生の参加者が増えています。

これから楽しみな子供達が増えていますね!


         
今回の練習は、身体の動かし方に対して

ボールを連動させるための
スキルトレーニングをメインに行いました。
 

いつもT’s Factoryの選手達には、その場でドリブルだけを

何回も出来るようになるのは、最初の段階としては必要なことだけど

そのレベルをクリア出来たら、色んな状況の中で

ボールを扱うことが必要だよ!

と伝えています。

    
特に2ボールを使った練習を多くおこないました。
   
・コンタクトされた状況でのドリブルキープ

・トスされてからドリブルチェンジ+タップパス
・ボールを抱えた状態からチェンジと同時に入れ替える
    
2ボールは普段あり得ない状況ですが、普通にドリブルしているよりも

パニック状況を起こすことが出来ます。

 

試合中はパニック状態がほとんど。

そのパニック状態の中でいかに身体とボールをコントロール出来るのか?

その部分を重要視して練習をしました。

初めは出来なくても慣れて来ると出来てくるあたりは
子供達のさすがの適応能力の
高さには脱帽です!

そして、後半はシューティングステップをレクチャー。

この部分は説明している動画を公開します。


ぜひ感想なども問い合わせフォームからお待ちしています。

 

T’s Factoryは参加者随時募集中です。


お問い合わせは


https://my73p.com/p/r/F0MBWF03


からお待ちしています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。