【ワンハンドパススキルについて】

ビハインドパスやサイドハンドパスを、「派手でカッコつけたパス」と思うのは

時代遅れでしかなく、いまや育成年代、基礎レベルの試合でも必要な

パススキルとなっています。

 

・先ずは片足&2ボールの不安定な姿勢で土台作り。

参考動画の、S・カリーもシチュエーションに応じて、右手、左手の1ハンドパスを

使い分けています。両手で同じパスを出してもDFに引っかかる&予測されやすいです。

 

・2ボールハンドラーの両脇の合図でのリアクションドリル

ビハインドパス、サイドハンドパスの仕込み。

PICKやHANDOFF時、DFが目の前にいれば当然身体の前を通すパスは難しく、

今回のパススキルが必須となってきます。

2つ目のS・カリーもDFが居ない側の1ハンドパス(ビハインド、サイドハンド)を

多用しているのがよくわかります。

 

最初はできなくて当然!それでもやっていればできるようになります!

基礎の基準値を上げて練習し、打開できる状況を増やしていきましょう!

 

【おしらせ】

T’sFactoryは現在、24時間、どこでも学べるオンラインスクールを準備中!

最新情報は下記URLの友達追加から!

 https://lin.ee/jxiBwPx Link Tree