今回は成長の考え方について

選手、コーチの「成長」を定義、考えるとき、

右肩上がりの直線イメージがしがちですが、

T’sFactoryは「螺旋(らせん階段」式と考えています。

1年12か月の中で3か月ごとの成長。

例えば小学生→中学生へカテゴリーが変わった選手たちは

はじめの3か月にめちゃくちゃキツイ思いをします。

ところが、つぎの3か月は同じことをやっても全体像がわかり、質が上がっているので、

練習の見え方が変わっていきます。

この「次元」が変わり、見え方の変化を、成長と捉えています。

 

人間が平熱を保つように、居心地のいい場所に居ようとする機能を

「恒常性(ホメオスタシス)」といい、

この機能が成長に大きくかかわります。

 

何かを変えよう、自分の限界を超えてみよう!と行動するたびに

人間本来の生理機能が足を引っ張るのです。

そこでT’sFactoryでは、やらざるを得ない環境にどんどんプッシュし、

コンフォートゾーン(恒常性で保たれた居心地のいい場所)を突破できるように進めています。

※練習試合など、当方に胸を貸してくださる対戦相手の皆さま

いつもありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。

 

そしてこの考え方はヘーゲルの弁証法(テーゼ、アンチテーゼ、ジテーゼ)

で解説することができ、NBAにも当てはまっています!

過去40年の優勝チームを振り返ってみると、

・1980年代レイカーズ、セルティックス(オフェンス全盛)

・1990年~2000年代ピストンズ、ブルズ、スパーズ、セルティックス(ディフェンス全盛)

・2010年代ヒート、ウォーリアーズ(オフェンス全盛)

というように、オフェンスとディフェンスの波が交互に訪れています。

優勝チームを倒すために、コンフォートゾーンを抜け出したところが

次の覇者になっていますね。

 

「できない、わからない、があっても歩みを止めず進む」

これこそが成長への道です!

動画をぜひご覧ください!

 

【おしらせ】

T’sFactoryは現在、24時間&どこでも学べるオンラインスクールを準備中!

最新情報は下記URLの友達追加から!

 https://lin.ee/jxiBwPx