毎週月曜日恒例のインスタライブ。

今回はライブ中にいただいた質問の中から、

「怪我」について。

T’sFactoryで考える要素は下記4点です。

① 「フィジカルトレーニング」

② 「柔軟性」

③ 「疲労物質をためず、回復の時間を作る」

④ 「練習を練習化しすぎない」

 

①、②→現代の子供達は屋内で過ごす時間が長く、身体を動かす機会が減っています。

T’sFactoryのコンセプト、ボディハンドリング×ボールハンドリングにのっとり

柔軟性はもちろん、トレーニングで身体を自由に動かせるようになることが大切です。

 

③、④→例えば1500mを走る、といわれれば、「えー、やだー」と思う子供達ですが、

鬼ごっこなら気づけば2時間(軽く1500m以上)平気で走れるものです。

すなわち、練習認識で動くと疲労物質が脳内、体内に蓄積されますが、

難しい動きや、練習を練習とすら思わない、

夢中で「え?もう終わり?」となるような構成の工夫を

T’sFactoryではおこなっています。

 

野球選手のイチローが、練習について語っていたことも解説していますので、

動画でぜひご覧ください!

 

【おしらせ】

T’sFactoryは現在、24時間&どこでも学べるオンラインスクールを準備中!

最新情報は下記URLの友達追加から!

 https://lin.ee/jxiBwPx