小・中学生の個人スキルアップアカデミー
T’s Factory

o0480036013507395565
 
の子供たちのスキルを試す場として月に一回
GAME DAYを開催しています。

 

12509529_933017596791302_1542241999365630263_n 945570_933017633457965_6990033560774426392_n
 
小学生、中学生、高校生から大人まで入り交じって
ひたすら試合をしていきます。
 
今日は8分ゲームを9本行いました。
7号ボールで大人の高さのリングでおこなうゲームは
小学生や女の子には大変だと思いますが、
それでも関係なくプレイさせます。
 
たとえ今日がやりにくくても、自分のフィールドに戻った時に
やりやすくプレイできればそれでOKです。
 
1、2ヶ月前は、ゲーム中に
 
「どこにいるの?」
 
というくらい存在感がなかった子供も
シュートを積極的に打ったり、声を出したりと
だんだんとプレイでアピールが出来るようになってきました。
 
ですが!!
ただまだまだ戦う姿勢が足りない!

目の前のボールを早く諦める。
ミスした後に戻ってこない。
 
ここは今日も口を酸っぱくして注意しました。
  
春先にある縁から出会った現早稲田大学女子ヘッドコーチであり
去年のユバーシアード女子日本代表のヘッドコーチの
(去年のユニ場でのアメリカとの試合では2度の延長までもつれこむ死闘を繰り広げていました。)
 
萩原美樹子さん
 
とお話をした時にこう言ってました。
 
「どんなにスキルや身体が強くても、目の前の相手と戦わない選手はいらない!」
 
この言葉は僕の心に深く刻み込まれています。
 
GAME DAY やアカデミーの時もこの言葉を忘れずに
子供たちに指導しています。
 
「自分のチームでは怒られるかもしれないけど、
T’s Factory では1対1なら攻め切れ!」
 
「やられたらやり返せ!」
 
いつも上手くなりたいと思って、部活終わってから
さらにキツい練習をしている子供たちです。
 
身内のゲームで闘争本能をもっと表に出して欲しいですね!
やれば出来る子が、持っているスキルを失敗を恐れて発揮しないほど
もったいないことはないです。
 
周りを気にせずに貪欲に戦う姿勢を持つことで
もっともっと彼ら、彼女たちは上手くなる!!
 
その部分をもっと厳しくコーチングしていきますよ。
 
PS
子供のアカデミーのゲームですが、
大人もぜひぜひ参加お待ちしています。
 
T’s Factoryの子供たちを将来のためにも
大人の力でボコボコにしてください。
 
簡単に凹むような子供たちではないので、
むしろ小学生や中学生のうちから年上の人たちと
プレイする環境をもっともっと作りたいので、
よろしくお願いします。
 
アカデミー生の実践の場として練習試合も考えています。
もし協力してくれる学校やクラブチームがあれば
よろしくお願いします。
  
お問い合わせやご質問などはこちらから↓

フォーム