NBAのトップ選手である

 
レブロン・ジェームス
ケビン・デュラント
 
のオフシーズンの1日のトレーニングDAYを
6分ほどにまとめている動画を紹介すると共に
僕の感想をシェアします!





 
特にこの動画から僕は2つの大事な学びがあると思いました。
 
 
1.集中力
 
 
人間の集中力は限りがあります。
 
それはどんなトップ選手も同じです。
 
アメリカでの個人練習やレッスンなどは
時間が60分から90分ほどと短い時間です。
 
日本のように、3時間とか4時間を
ダラダラとやりません。
 
短い練習時間の中でいかに100%のパフォーマンスでやるか?
 
ということを求める練習が多いです。
 
※実際に僕がアメリカで観てきた練習は短いですがハードです。
 短いからこそ、ハードにできるのだと思います。
 
 
2.テーマを絞る
 
動画を見ると
 
 
・ジムトレーニング
 
・フィールドトレーニング
 
・スキルトレーニング
 
 
をしています。
 
それぞれ特別な練習をしているわけではありません。
 

ジムトレーニングも基礎的な身体作り

単純な自重のトレーニングだったり
バランスボールやゴムチューブのトレーニングだったり

 


フィールドトレーングも走る動作の練習
スキルトレーニングは、ドリブルやシュートの基礎。
 
ただ一つ一つテーマがあり絞って練習しています。
 
ダラダラと練習していろんなものを組み込み過ぎても
何のための練習かわからなくなってしまいます。
 
と2つにまとめてみましたが、これら2つって
実はみんなやっていることなんですよね。
 
 
 
 
それは
 
【学校の授業のカリキュラム】
 
です。
 
大学だと
 
90分の授業
10分の休憩
 
で多いと1日5〜6コマを行っています。
 
 
これを4年間真面目にしていると学力って
凄い成長しますよね。
もちろん1年でも成長しますし、
3ヶ月でも変わります。
 
バスケットボールも同じだと思うんです。
 
 
・カリキュラムを組んで 
・集中力を維持すること
・テーマを絞ること
 
 
1日3時間練習できるなら90分の授業2コマと考えればいいし
休みで長時間練習取れるなら
 
90分を4コマで6時間練習
90分を6コマで9時間練習
 
時間を短くしても構わないですよね。
(最大でも120分でそれ以上長くすることが違うかなと思いますが…)
 
この学校の授業方式で練習していけば
レベルアップしていくのは確実ですよね!
 
 
PS
今年の夏にはこの考えの元で
 
・フィジカルトレーニング
・スキルトレーニング
 
を中心としたキャンプを開催しようと思っています!!
協力者も随時募集中です。
日本のバスケをもっと面白くしましょう!
 
 
PS2
こういうNBA選手の動画って格好いいですよね!
 
「何で格好いい動画を作れないのか?」
 
と思った上で映像のことについて僕も勉強中です。
近いうちに格好いいプロモーションビデオ作りますよ。
(と先に宣言しておけばやらないといけなくなりますからねw)


T’s Factoryのメルマガ登録はこちら!!
 
フォーム