こんにちは!!

T’s Factoryの鈴木ともやです。

メルマガでワークとして出した

 

Q:世界に通用するバスケットボール選手を

 日本人で育てるならばどんな選手がいいと思いますか???

 

このワークで多くの回答を頂きました。

 

ありがとうございます。

 

その中でも

 

「おっ!これはいい回答!!」


と思ったものをシェアしていきます。


まず1つ目です。

 

ーーーーーーーーーーここからーーーーーーーーーーーーーー

 

お世話になっております。
メルマガ登録をさせていただいております、Hと申します。
いつもメルマガを楽しく読ませていただいております。

 
標題の件について

Q:世界に通用するバスケットボール選手を日本人から
  育てるならばどんな選手がいいと思いますか???

にお答えいたします。

 

私の考える世界に通用する選手を育成するならば、

「状況判断」のできる選手を育てます。
 

近年様々なスクールやメディア(YouTubeなど)の発達により、

個人スキルの高い選手が多く存在しています。
 

その中でもまだまだ「状況判断」のできる選手は少ないと思います。

現在の日本代表選手を観ていても

 

・意味の無いジャンプパス
・自己都合のタイミングでのシュートやドライブによるミスetc…

 

が多く観られます。
 

やはり世界の代表国であるアメリカやスペインなどは、

個人スキルはもちろん「状況判断能力」が卓越していると感じます。
 
それは幼いころからの環境(バスケをプレーしたり観たりする環境の多さ)により

培われたものだと思います。

 

正直スキルの面ではまったく強豪国と変わらないレベルでは

ないでしょうか。
 
富樫選手や田臥選手がそれを物語っています。

 

・defenseがこう動いたからこの選択(シュート、ドライブ、パスetc…)をする

・このスペースに飛び込むことで逆サイドにノーマークができる
・身長のハンデをフローターやクイックショットでカバーする

 

など、目で見て状況をしっかりと理解し、それに対応する動きや考え方を身につけることで、
更に日本バスケットボールのレベルが向上すると、私は考えます。

 
うまく話がまとまらず、文章が下手で申し訳ありません・・・。
宜しくお願い致します。

 

H

ーーーーーーーここまでーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これは、とても素晴らしい回答だと思いました。

 

近年育成世代のスキルアップはしていると思います。
それは確実に世界レベルに近づいています。

 

ただそのスキルを適切に使えてないのは僕も同感です。

動画や画像、文字情報などで情報を得る選手や
指導者が増えた結果。

 
メニューは出来るけど、試合に活かせない。
 
という形が増えているのだと思います。


何のためにこのスキルを使うのか?

 
《シチュエーションによって絶対強いものと弱いものの区別》

 
の選定が瞬時に必要ですね。


特に指導者による練習の本質部分の掘り下げが
もっと必要ですね。

 
ご回答ありがとうございますm(_ _)m

 
さて続きましてはこちらです。

 

ーーーーーーーーーーここからーーーーーーーーーーーーー

お世話になります。
Kと申します。

 

僕の考えは、バスケに於いて世界で戦うにはチームとして

対抗することは難しいと考えています。

 

しかしながら、個人であればチームの一員、一ポジションを

トップのレベルでやることの出来る選手が

日本人であろうと育つことがあると思います。

 

必要なのはスキルとすばやい判断力、特に判断力は

日本のトップカテゴリーの試合を見ていると創造力に欠けるというか

面白みに欠ける気がしています。

 

選手達がそのような指導を受けて来たからだと思います。

 

僕もミニバスのコーチをしていますが、自分が昔やっていた時とは

全く違うと認識して、指導に関してはなるべく最新の書籍と

youtubeなどから情報を得ることにしています。

 

お題からは少しズレてしまいましたがよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーここまでーーーーーーーーーーーーー


こちらもいい回答ですね!

 
>バスケに於いて世界で戦うにはチームとして対抗することは難しいと考えています。

これは最初の段階では同感です。

 
まず個人の部分のレベルアップが急務だと思います。

 
>自分が昔やっていた時とは全く違うと認識して、

指導に関してはなるべく最新の書籍とyoutubeなどから情報を得ることにしています。

 

素晴らしい考えですね。

昔のやり方を意固地におこなっているコーチが
多い中でこのような考えを持ったコーチが
増えると日本のバスケは明るいですね。

 
僕も毎年アメリカに行って学びに
行くのもまさにこの考えです。

 
世界最高レベルのアメリカには、
本物のプロコーチがいます。

 
「学ぶには本物から!」

 
と思っています。


お二人の回答に共通しているワードがありますが
気づきましたか???

 
それは…(以下スクロール)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「判断力」です!!

 
バスケにおいてスキルも大事だし、
フィジカルも大事になりますが
自分の武器を何処のシチュエーションで
どのように使うのか?

  
これを判断する材料が必要です。

間違った判断をするからミスに繋がる可能性が
高くなります。

 

適切な判断をしたからプレイの成功の
確率が高くなります。

 

ただこれは正解・不正解ではなく
シチュエーションによって違います。

 

ミスが起きた時に

 

「ミスするな!!」

 

というコーチがいますが、その前に

「状況判断のポイントは教えているのか?」

と僕はいつも思います。

  
この言語化することはコーチにとって大事な
スキルになってきます。

  
この言語化のスキルは、ブログやメルマガに
アウトプットすることで養うことが出来ます。
  

本日は、長くなってしまったので
  
次回「アウトプットの重要性」を
お話していきますね。

メルマガ登録フォーム

 

【発行責任者】鈴木知也
【公式ブログ】http://goo.gl/EtuQ2P
【Facebook Page】https://goo.gl/SlIQNZ
【Twitter】https://goo.gl/EHRL0V
【LINE@】http://goo.gl/noajMo
【練習参加のお問い合わせ】http://form.os7.biz/f/18ee64d7/