T’s Factoryの廣畑ともやです。
 
 
プレイのレベルを上げるために、
簡単な裏技や秘策などはなく反復練習が
一番の近道です。
 
 
「何度も同じことを繰り返す。」
 
 
ただそれだけです。
 
 
ですが、
 
 
・何も考えずにただやるだけ
 
 
とか
 
 
・メニューをこなすだけ
 
 
になってしまうと質の悪い惰性だけの練習になってしまいます。
それだと全然身になりません。
 
何のために今この練習を繰り返しおこなっているのか?
しっかり先を見据えた上で積みかせることが
最強の近道です。
  
  
例えば、シュート率をあげるということ一つとっても
ただシュートが入ったか入らなかったというだけではなく。
 
 
色んなことを考えて練習することで変わってきます。
 
 
個人が考えることでも
 
 
・ミート時のステップ
・ステップの置く足の位置、幅
・股関節の曲げ具合
・ボールをセットする位置
・ゴールとの距離、アングル
・リリースのタイミング
 
 
などなど数え上げるとキリがありませんが、人それぞれ
シュートが入る
 
 
リズムやフォームがあると思います。
 
 
僕自身もシューターなので自分の中で
シュートが入るフォームがあります。
 
 
試合中に僕が意識するのは、
その入るシュートフォームで打つこと。
 
 
例えるならば、
 
 
 
「カメラのピントを合わせる感じ」
 
 
ですね。
 
 
そのフォームにカチッとはまるとゾーンに入れる時があります。
公式戦ではMAX13本の3Pを決めたことがあります。
 
 
そのようなシュートを打つためにも
先ほど上げたことを一つ一つ意識しながらシューティングを
1日200本ほど打ってシュートを作る時期がありました。
 
  
量をこなして頑張っているプレイヤーは
いっぱいいると思います。
その練習の中に少しのロジックと数字を入れていくと
プレイレベルが上がってきますよ!!


フォーム


より濃いバスケ情報はメルマガから!!


メルマガ登録フォーム