【多くのリズムを作ることで子供たちの引き出しを増やす】

03.122016

この記事は2分で読めます

スキルアップをするために練習をおこなうのは
至極当然のことです。
   
ですが、その練習が出来るまでは
一生懸命やっていても、いざ出来てしまうと
メニューをこなしているだけになっていませんか?
   
練習の行き着く先は試合でそのスキルを効果的に発揮すること。
   
練習メニューが出来たことがゴールではないです。
    
もちろん選手が
   
「何のために?」
   
「何故それを?」
   
しているのか?
   
を自分自身で問い続けることが出来て
自分の武器を研ぎすまし続けることが出来れば
レベルアップは早いです。
   
ですが、子供はまだそこまでで考えて
練習できることは少ないですね。
  
そういう子供には、コーチの手腕の見せ所ですね。
  
練習メニューのゴールを設定を一緒に考えて
それに対する取り組む方法を実践してもらう。
   
つまづいたら何故出来ないのか?
   
を Teaching と Coaching を区別して
指導をおこなうことです。
  
今T’s Factory では簡単なドリルは出来るようになってきたので
リズムをずらすということを練習に取り入れています。
(動画参照)
   
多くのリズムを作ることで子供たちの引き出しが増やせます。
まずは型を身につけてる段階です。
   
次の段階は、どの場面で使うのかの
Teachingをおこなっていきます。
   
そして、LIVEに繋げていきます!
    
脳力が高いから1on1に勝つのではなくて
身体の能力を上手く使い、場面に応じてスキルを
使い分けるから勝てるのです。
    
小学生の段階でこのベース部分を作っていきますよ!
     
—————————————–
     
T’s Factoryでは随時生徒募集しています!
   
・学校の部活では物足りない
・学校の顧問やコーチがやる気がなくて困っている
・今試合に出てないけど、個人練習で上手くなりたい
    
などの悩みを解決します!
   
練習フォーム

   
—————————————–
   
《T’s Factory 各種媒体》
【公式ブログ】http://goo.gl/EtuQ2P
【Facebook Page】https://goo.gl/SlIQNZ
【Twitter】https://goo.gl/EHRL0V
【LINE@】http://goo.gl/noajMo

メルマガ登録フォーム

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。